RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ありがとうございました!!

 日に日に寒さが増す今日この頃。

皆様 体調管理には十分お気をつけ下さいね(^^)

この度 私事ですが、今月末をもちまして、

寿退職する事になりましたm(- -)m


フォーヴギャラリーにお世話になって、3年と少しでしたが、

その間 本当に様々なことがありました(^^)

絵の業界は短くはないですが、ギャラリーならではの良さも沢山あって、

なによりも絵の縁は切れないことも、実感した日々でもありました

今でも、絵を担当させていただいたお客様のことは、

ちゃんとお一人お一人覚えておりますよ!

(・・・・・たっま〜に、雰囲気が変わっていらっしゃって勘違いした方もおりましたが・・・)

今回、お手紙やメール 贈り物や会いに来て下さった方達の

温かい言葉やお気持ちは、

本当に人生の宝物です(*^^*)

一つ一つ噛み締めながら、そしてこの感謝の気持ちをいつまでも

忘れないようにしていきたいと思っております

ありふれた文面ですが、これが、また数年先に思うと、

深みが増すのでしょうね


でも、絵が好きな気持ちは変わりませんし、

この業界は狭いので(?)

またどこかでお会いできるかもしれません。

その際に

「出た!!」と、一言めにおっしゃるのは、

おやめ下さいませ。


せめて二言めにお願いします。


それでは、本当にありがとうございました!



ものの5秒で気持ちが先走って描いたものです。




                               それでは、また・・by片原

今後もフォーヴギャラリーをよろしくお願いします。
フォーヴギャラリーはコチラ→ http://www.fauves.co.jp/



author:フォーヴギャラリー, category:-, 19:28
-, -
お食事会
お久しぶりのスタッフブログになってしまいましたm(−−)m

今年に入って、また出張の日々ですが、
楽しみの一つといえば、ご当地グルメでもあります(^○^)
 
もちろんグルメガイド握り締めて行くのも結構。
飛び込みで入るお店も結構でしょう。
 
しかし、お仕事柄 接客させていただく機会が多い中、
やはりここは、地元の方に 美味しいお店を教えて頂くのは最高です!
 
今回、お客様に連れて行ってもらいましたのは、
地元はもちろん県外からも、一度訪れたらリピーター率まちがいなしのお店。
 
それが、ココ「鉄板焼肉 千恵」です
 



焼肉と聞いて、すっかり網の上で焼くもの!と早とちりしてしまいましたが(^^;)

鉄板の上には、あらかじめ火を通された肉と、しゃきしゃきの玉ねぎ。

そして・・・なんといっても、ぷりっぷりのホルモンがゴロゴロ!




とにかくホルモンが大きい! 口に入れれば ふわん ふわん・・・気が付けば
溶けてなくなっています!

箸が進むこと進むこと(^^)

ここは有名なお店で、店内には、津山出身のB,Zの稲葉さんの写真やサイン



他にもオダギリ・ジョーや各著名人の写真やサインが山ほどありましたよ(*^^*)



他のメニューも美味しいと評判なので、
行く度に制覇して行きたいものです(^0^)

食欲の秋 ブログを書きながら今にも お腹がなりそうな今日この頃です。

                                      By 片原

フォーヴギャラリーのHPはコチラ→ http://www.fauves.co.jp/

author:フォーヴギャラリー, category:-, 15:34
-, -
博多駅はアートステーション
 すっかり新緑のまぶしい季節になりましたね。

さて皆様もご存知の通り、
今年3月に鹿児島から福岡直通の新幹線が開通いたしました!

それにともなってリニューアルした博多駅
阪急も入り、活気もあって連日賑やかです!

皆さん行きましたでしょうか?

私はまだ、全部は制覇していないのですが、少しずつ開拓していきたいと
思っています。

個人的にも、博多駅は少しだけつながりがありますので。
そう!

博多駅には、私の絵があります。

千住博先生たちとコラボレーションという形で!

1/28525という規模で。


そうです。

新博多駅のタイル画募集」に参加したのですよ。


「葉」や「花」をテーマにした作品を、有田焼のタイルに焼き付けられ、
それを千住博先生と、水戸岡鋭治さんがアートコーディネイト。

また千住博先生は、日本画という、どこか限られた人が好むもの
と、思われがちな分野を世界に発信し続け、
国内でも大徳寺聚光院別院の襖絵から、羽田空港に作品を設置など、
国宝級から身近な場所まで、作品を手掛けられる
今もっとも活躍を注目をされる作家です。

それによって、日本画を近くに感じていただける方もいるのでは
ないでしょうか?

今回の博多駅でも、またアートとの距離を近くにかんじてもらえれば
嬉しい事です。


さて、その中で私も少し貢献したかな?

と思いつつ、皆様の描いたタイル画を眺めてきました。

可愛らしい作品から、面白い発想の作品まで。
見ているだけで楽しくて、わくわくします。

そういえば、私の作品はどこかな?と、さがしたのですが、
やはり数が多くて、その日は見つけられなかったのですが・・・。

後日、インターネットの検索で見てみると、
ありました。



今日も、私の葉は、通勤 ショッピングなど行き交う場所で
強く育てられています。

時は雨に濡れながら 

踏みしめられながら。

掃除の方に顔を拭かれています。



の一部となった私の葉。

いつか、そのたくましい姿?を実際に見に行ってこようと思います。

                      
                                            By片原


フォーヴギャラリーにも遊びに来てくださいね→  http://www.fauves.co.jp/
author:フォーヴギャラリー, category:-, 17:16
-, -
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
東日本を襲った大地震。

連日の報道で、その深い傷跡に心が痛みます。

それは、世界のメディアでも取り上げられ、

今回、海外の作家、友人からも安否伺いのメールが届けられました。

そして、回線の復旧がついておらず、

連絡の取れていないお客様もいらっしゃいます。

不安が募るばかりではありますが、

ただ、心配するだけではなく、

行動として出来る事を、と思い

ささやかではありますが募金をさせていただきました。

また、医療器具や暖房器具に支障をきたさないよう、

節電にも出来る限り協力してゆきたいと思います。

1日でも早く、皆様の笑顔になれる日を、

フォーヴ一同心より願っております。

author:フォーヴギャラリー, category:-, 17:00
-, -
ゴッホ展に行ってきました。
毎日寒い日々が続きますね!

ただいま、九州国立博物館にて開催しております
ゴッホ展 皆様見に行きましたでしょうか? 

きっと多いだろうな・・・と、思ったのですが、
行った日が平日の14時ぐらいだったので、待ち時間はなかったです(^^)

しかし、会場の中はさすがに賑わっていましたよ。




フィンセント・ファン・ゴッホ その名を知らない人はいないのではないでしょうか?

しかし、ゴッホが画家として活躍したのは、
37年の生涯のうち、わずか10年。
長年 職を転々とする日々と挫折の連続でした。

画家としての才能を信じていた、弟テオ。
毎日のようにゴッホは弟に手紙を書き、そのやりとりが18年間続きます。
全部で650通以上の手紙。
その文面の一部のコピーを公開しています。



館内には、上記の絵柄のゴッホの寝室を再現した部屋があります。
どのように空間を捉え、描かれたか分かりますね(^^)
椅子・枕・出窓 対を意識して描かれていますが、
特に椅子は、「ゴッホの椅子」にも登場します。



ゴッホの椅子
直線的で質素。 
背景の玉ねぎの入った箱には「Vincent」と描かれています。



そして、こちらが「ゴーギャンの肘掛け椅子
曲線的で装飾的。
火のついた ろうそくと本は「知性」を表しているようです。

情熱的なゴッホと冷徹なゴーギャン
性格の違いを、こうして椅子で描こうとしたのではないか?といわれています。

わずか2カ月の共同生活に終止符を打った後に描かれた作品です。

しかし、この作品から10年以上たったところで、
思わぬ形で あの椅子に会う事が出来ます。


ゴーギャン「椅子の上のひまわり」

曲線的な椅子。
そう、あの「ゴーギャンの肘掛け椅子」に、どこか似ていませんか?

ゴッホの死後 ゴーギャンは理想の地 タヒチに渡りますが、
そこには彼の思い描いていた、楽園はなかったのです。

晩年、ゴーギャンはこの「椅子の上のひまわり」をどういう気持ちで
描いたのでしょうか?
タヒチに自生しない ひまわり。
ゴーギャンは、そのひまわりを想像力を使って描いたのです。



今回、モネシスレスーラなどの作品も展示され、
また後の名作が生まれるアルルへ行くことをすすめたロートレック
の作品も展示しています。

期間は短いですが、ゴッホ展お時間あればご覧になってみてはいかがでしょうか(^^)?

フォーヴギャラリーのHPはこちら→http://www.fauves.co.jp/
              
                                               








author:フォーヴギャラリー, category:-, 14:45
-, -
あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始は寒い日々が続きましたね!

実家の大分まで帰省しようと思ったのですが、高速バスが積雪の為

動かず・・・と天候にも悩まされました(^^;)

しかし、毎年行く初詣のおみくじでは

大吉!!と出ましたので・・・・。

気分よく年始を迎える事ができました(^^)

フォーヴギャラリーも縁起の良い絵も飾っておりますし。

+オーラを浴びに是非ご来廊下さいませ。

お待ちしております(^0^)/

2011年もフォーヴは元気に飛躍します→http://www.fauves.co.jp/

author:フォーヴギャラリー, category:-, 17:00
-, -
モネ展&鴨居玲展

随分 お久しぶりになってしまいました、スタッフブログ(^^;)

先日、北九州市立美術館で只今好評開催中の 「モネとジヴェルニーの画家たち」展と、分館で今月24日まで開催の鴨居玲展を見に行って来ましたので、その事を書きたいと思います。

福岡市内から行くのは遠いかな・・・と思っていた北九州市立美術館
しかし、天神のバスセンターから約1時間15分 そこから直接無料のシャトルバスが出ていますので、アクセスは全く問題なしでした(^○^)

高台の山に沿って佇む美術館は眺めも最高。
あいにくの曇り空でしたが、晴れた日は、もっと綺麗に景色を見渡せると思います。



館内も結構モダンな造り・・・・。




展示の前半作品は、当時ジヴェルニーの土地やモネに憧れて集ったアメリカ人画家達の作品を展示しています。
それぞれの画家達の目に映ったジヴェルニーの景色・人々。

なかでもジョン・レスリー・ブレックの「積みわらの習作、秋の日」は、4号サイズぐらいの小さな作品にも関わらず、1日の時の流れとして、ずらっと展示されている作品は圧巻です。
刻々と傾く太陽に沿うように描かれた空の色。
積みわらは太陽の光と月光の光で表情を変えていきます。 
モネ作品へのオマージュとして描かれた作品も、ここでモネが与えた影響力の大きさを物語ます。

そして、いよいよモネの作品へ・・・・。


ボストン美術館所蔵 《積みわら(日没)》1891年

1888年頃から1891年にかけて、モネは積みわらを主題とする絵画を、少なくとも25点以上制作しています。朝、昼、夕・・・と。その瞬間にしか描けない大気 光。
なかでも、今回展示している日没の作品は、陽光がわらを通して真っ赤に燃えるような色。逆光の中、一瞬だけ夕焼けの中に溶け込むおぼろげな輪郭。 大胆な筆使いですが、色は繊細で見ればみる程、きっといろんな発見があると思います。



東京冨士美術館所蔵 《睡蓮》1908年

自宅の日本庭園の池を舞台に描いた睡蓮の作品は、300点以上にものぼります。
そのほとんどが、モネが70歳を過ぎてからの作品になるのですが、こちらの睡蓮(上記)は、モネが68歳の時に描かれたものです。明暗で表現された色彩と比べ、優しく優美な色使い。
さまざまな睡蓮の作品を眺めていると、きっとお気に入りの1枚が見つかるのではないでしょうか?

晩年、モネは自宅への来客を断る事が多かったそうですが、日本人の来客は歓迎していたそうで、部屋の写真にも数々の浮世絵が飾られていました。
遠い地で、国境を越え昔も今も絵画の繋がりがある事は嬉しいことですね(^^)



次は移動して、北九州市立美術館分館(リバーウォーク北九州5階)

鴨居玲 没後25年
顔を真っ赤にしながら、千鳥足で微笑む酔ったおじさん。
廃兵が失ったものは、体だけではなく若かりし日々。
虚ろな目を持つ人は、何も隠さない自身の姿。


                        「1982年 私」

絵の見方は人それぞれです。なので、感じ方も意見も違うことでしょうが、私が今回作品を見て思ったことは、人は弱い部分を見せるときは、一瞬ユーモラスになるのではないかな?ということです。

酔っ払った顔で見せる、ちょっと甘えた目つき。
しょうがない人だな・・・と思う人物像なのに、何故か愛おしくなる。
ここでは掲載していないのですが、「おっかさん」という作品は、なんだか小さい溜息と共に目頭が熱くなりました。
白髪の1本1本にも歴史が刻まれているような感覚になる、生きた絵画です。

上記掲載の「1982年 私」は奥まった所に1点だけ展示しておりまして、ほぼ等身大の人物画の前に、言葉いらずで見入ってしまいました。




さて、来年1月1日からゴッホ展が九州国立博物館で開催しますが、長蛇の列覚悟で行きますか・・・(^^;)

あ、もちろん、それまでにも何回かブログは更新(?)させていただきますので、こちらもチェックお願いします。
そして、ぜひフォーヴギャラリーにも遊びにお越しくださいませ(^^) お待ちしております

フォーヴギャラリーのHPはコチラ→http://www.fauves.co.jp/
                                                                                           By    片原







author:フォーヴギャラリー, category:-, 12:25
comments(0), trackbacks(0)
フォーヴギャラリーのお客様のお店紹介!和食乃沙都使
            今回、ご紹介させていただきますお店は・・・・。
                「和食乃 沙都使」です。



毎日市場から仕入れる新鮮な魚。さっぱりとした上品な味の霧島黒豚など、素材のこだわった和食を気取らずに楽しめる居酒屋です。

                   そして、店内には!



       鶴田一郎先生の作品を飾っていただいています(*^^*)。
                 目にも嬉しい空間ですね!     
        
         店長より    
          「八女に来られた時は、ぜひ食事に来てください。」
                          
場所も、見晴らしの良い小高い丘にありますので、ドライブがてらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

      和食乃 沙都使 〒834−0113 八女郡広川町川上651−8
                         筺。娃坑苅魁檻械押檻毅毅娃
           ランチ 11:00〜14:00 ディナー 18:00〜23:00
                    休日 水曜      駐車場 有


*それから!店長の妹さんは、最近活躍中のプロゴルファー姉妹 馬場ゆかりさんと馬場由美子さんです。
           こちらのお2人の応援もよろしくお願いします(*^0^*)



フォーヴギャラリーのHPはコチラ→
http://www.fauves.co.jp/
author:フォーヴギャラリー, category:-, 18:47
-, -
上を向いて 元気!!ハツラツ!!

今年の3月、 私共のお客様が整骨院を開院されました!

おめでとうございます(*^^*) それがコチラの・・・

        あゆみ整骨院です!

福岡東環状線をルクル方面 桜丘団地交差点手前右側にあります。

院内もウッド調で、大きな水槽もあり とっても安らぐ空間です。

       そして治療される場所には・・・・・



フォーヴギャラリーで、購入していただいた立松 脩先生のロンドンの

オールドストリート街を描かれたオリジナルを飾っていただいています(^^)

素敵にアレンジしていただき、院内のカラーもイエローグリーンに統一

されているので、絵がとても活き活きとして見えました。

心と身体も元気にしてくれる、あゆみ整骨院

院長もとってもパワーをもらえる ハツラツとした方ですよ(^○^)

治療などでお困りの事がありましたら、ぜひ 訪れてみてはいかがでしょうか?

オススメです!


あゆみ整骨院 筍娃坑押檻毅娃粥檻械横械魁瞥縮鷁帖
施療受付時間 月〜金 午前9:00〜12:30 午後14:00〜18:30
           土   午前8:30〜13:00  午後 休診
  お休み    日曜・祝日 

〒816−0061 福岡市博多区浦田2−21−5


フォーヴギャラリーも元気ハツラツ!HPはコチラ 
http://www.fauves.co.jp/

author:フォーヴギャラリー, category:-, 20:21
-, -
京都に行ってきました!
          かなり久しぶりになってしまいましたスタッフブログ(^^;)
来月から、また展示会が頻繁に入りますが、出来る限り更新してゆきたいと思います。

さて先日、京都に行ってきました。梅雨入りと聞いていたので天候を心配しましたが、

まったく問題なし!

むしろ暑いぐらいでした(==;)

今回、まず訪れたのは広隆寺。ここは国宝を含む50数体の仏像が安置されており、
見上げる大きさの仏像もあります。
そして、何よりも広隆寺といえば!コチラ

                 

弥勒菩薩半跏象 学校の教科書の写真しか見た事なかったのですが、思ったよりも大きく、
また美しい!長い間ながめていても、まったく見飽きがこなかったですね〜(*^^*)。
弥勒菩薩の前には、お守りも販売していました。
ちょうどこの時期は修学旅行シーズンなのでしょうか?
韓国の修学旅行生も沢山訪れに来ておりましたよ。




そして、次に訪れたのが、八坂神社
あまりにも暑すぎて、太陽に背を向けたまま失礼!
神社を抜けると円山公園があるのですが、一周する体力がありませんでした(^^;)

さて、お次は夕食の為に祇園へ・・・・。
途中 花見小路を通っていきました。



石畳は風情があります。しかし、車の多いこと 多いこと・・・・。写真をゆっくりと撮る
余裕はなかなかありません。  



祇園といえば高級な料亭が多いのですが、なんとかリーズナブルで抑えようという事で、
裏路地にある、創作料理屋 楽家
ここのオススメは「湯葉チーズフォンデュ」なのですが、豆乳とチーズに、また少しお酒も入っているので、好みは分かれるかもしれませんね。




これは夜の鴨川。水面に灯りが映っていて、とても綺麗でした。
日中の暑さとは違い、夜は風が気持ちいいので、川べりでのんびり過ごすにもいいですね。



京都土産といえば八つ橋を連想させますが、私のお気に入りは創業120年の歴史をもつ、豆菓子の老舗 船はしや
店内のガラス棚には、約100種類以上の豆菓子・おかきが並んでいるので、どれにしようか いつも悩んでしまいます。どれも美味しいので個人用にも沢山買っていくんですよね(^^;)
場所が鴨川にかかる三条大橋のたもとにあるお店ですので、近くを通った時はのぞいてみてはいかがでしょ(^−^)?。

また、京都に訪れたいのですが、今度は鎌倉にも足を伸ばしてみたいと思うこの頃。
鎌倉のオススメスポットがあったら教えて下さいね(^0^)

                                             By 片原


フォーヴギャラリーのHPものぞいて見て下さい(^^)→ http://www.fauves.co.jp/















author:フォーヴギャラリー, category:-, 18:08
-, trackbacks(0)